ずっしり重い冬キャベツは 愛知、千葉産のものが主に出回っています。 キャベツに含まれる危険な農薬、有害物質. 誰からも好まれる野菜で、 煮物から漬け物まで 食用範囲の広いキャベツですが、 一年中転倒には出ています。 冬キャベツの外葉は キャベツは1番外側の葉が最も古く、残留農薬やダイオキシン汚染の不安があります。 もったいないですが、1番外側の葉は取り除きましょう! 生で食べる場合は、千切りや短冊切りなど、切ってから水にさらして下さい。 農薬の残留が多い外側の葉を取り除きます。キャベツの葉は外側ほど古く内側ほど新しい葉です。外側の葉は長期間にわたり、農薬を浴びた部分になるので、残留農薬も多いといわれています。 水洗いをする

キャベツの残留農薬を取り除くには 外葉を取り除く. キャベツの外葉には農薬がたくさん付いていそう…そんなイメージがありますよね。 そのため、キャベツの外葉を捨ててしまっている人が多いようですが、これはとてももったいないです。