廃車にして自動車税の還付を受けた場合の仕訳. 自動車税は毎年4月1日現在の自動車の所有者に対して課されますが、年の途中で廃車にした場合、残りの期間分については月割りで還付を受ける事が出来ます。 確定申告後に戻ってくる還付金についてに情報を知りたいですか?本記事では、還付金の申請、仕訳や還付金の振込日について解説します。個人事業主で還付金の仕訳が必要な方にもおすすめの記事です。
確定申告で自動車税は経費計上が可能。使う勘定科目は「租税公課」。ただし、車を事業で使用している場合に限る。自動車税は控除ではなく、経費として計上する。車を事業とプライベートの両方で使っている場合は家事按分して事業の利用分だけを経費計上する。 【税理士ドットコム】経理仕訳で、普通法人の自動車税還付がある場合は、当事業年度納付の還付なら租税公課勘定(経費)の戻しで、そうでない場合は雑収入(収入)で計上すれば良いのでしょうか。もしくは全て租税公課の戻しにすべきでしょうか。 自動車税の加算金・延滞金は経費で落とせない. 所得税の還付金は、勘定科目「事業主借(じぎょうぬしかり)」で仕訳します。事業主借は、プライベートなお金を事業に使った場合に使う個人事業主特有の勘定科目です。これで仕訳をするメリットは、源泉徴収額を管理するだけで楽に済むことです。

自動車税の経費計上は節税対策としても個人事業主が行えるものです。勘定科目や仕訳方法をしっかり抑えておきましょう。 ただし自動車税に関わる費用のうち経費として落とせないものがあります。 今回は、個人事業主の車(自動車)購入時の仕訳方法について見て行きます。 酒居 個人使用分がある場合には、家事関連費として事業に必要な部分をあきらかにするため、事業割合を乗じて経費計上する必 … 自動車のリサイクル預託金関連の仕訳まとめ.