労災保険から通院費が支給される場合の請求方法は、「療養補償給付たる療養の費用請求書」にその移送に要した額を証明できる書類(領収書)を添付して、所轄労基署に提出します。

労災事故で負傷等して治療を受けた病院等が、 労災保険指定医療機関以外の場合では、 治療費の全額を一旦病院等へ支払うこととなります。 そして、その後、「様式第7号」(通勤災害の場合は、「様式第16号5」となります。

※添付書類=下記の(5)~(9)の書類を添付してください。 ※充分に確認が取れない場合などは、ご提出の添付書類以外の書類のご提出をお願いします。 ☆事業主関係の必要書類 様式第6号.

下記は労災の本、労災診療費算定実務講座の第6編労災診療費の手続きに書いてあります。 労災のレセプトに混ぜれない診断書 患者負担あり. 労災治療中、 転院する場合に転院先の医療機関に提出する書類です。 この用紙を初回レセプトに添付する。 こちらも初診時にもらう書類ですが、 取扱料は算定できません。 ちなみに、このときのレセの労災情報は”転医始診”となりますので注意が必要です。. そもそも「様式第7号」の役割とは.

様式第7号(以下7号用紙)とは、治療費以外でかかった費用を、労災が補償(お金をだす)しますよ。 といった制度を受けるために必要な書類になります。 該当する補償内容の例としては 労災の申請手続きは複雑でわかりづらいということはありませんか?本記事では、仕事中や通勤途中にけがをしてから労災がおりるまで、労災の手続きの流れについてわかりやすく説明しています。労災を申請するのは初めてという人に参考にしていただけたら幸いです。 様式第7号

(ocr様式)療養補償給付たる療養の費用請求書_業務災害用(様式第7号(1)) ... (ocr様式)労災保険訪問看護費用請求内訳書(訪様式第9号) (ocr様式)労災保険訪問看護費用請求内訳書(傷病(補償)年金受給者用)(訪様式第10号) その他の関係.

5号様式は念のため2部作成しましょう。 最近は院外薬局が多いので病院と薬屋さんでそれぞれ必要になりますから。 ちなみに労災指定病院なんですよね? 指定外だったら、提出先は労働基準監督署です。ただし5号ではなくて7号ですが。