インフルエンザ予防接種. インフルエンザは特に妊娠中・授乳中にかかると重症化しやすいといわれています。とはいえ、ワクチンの予防接種や抗インフルエンザ薬の影響も気になるもの。妊婦さん・授乳中のママさんも安心の予防策・治療法を紹介します。 Twitter 2 Facebook 0 はてブ 0 Pocket 0 LINE コピー. スポンサーリンク. シェアする. 関連記事&スポンサーリンク.

授乳中でもインフルエンザの予防接種を受ける理由は、もしもママがインフルエンザにかかってしまったら、授乳や抱っこの時に飛沫感染してしまう可能性が高いからです。かといって、インフルエンザにかかったからといって母乳から粉ミルクへの移行や卒乳が簡単にできるとは限りません。 では、授乳中のママが、インフルエンザ対策のために予防接種を受けても問題はないのでしょうか? そもそもインフルエンザの予防接種とは、症状を引き起こさないように調整された病原体を体に入れて、軽く病気にかかった状態を作り出し、体内に抗体を作ることを目的としています。 関連記事&スポンサーリンク. 授乳中のインフルエンザ予防接種は、赤ちゃんにインフルエンザをうつさないためにも大事 ; スポンサーリンク. インフルエンザの予防接種に行ってきました! そこでかかりつけの医師に、インフルエンザワクチンは授乳中でも問題ないのかと、その理由を聞いてきたのでシェアしたいと思います。 授乳中のインフルエンザの疑問を解決!インフルエンザ予防接種を受けても母乳に影響がないのか、インフルエンザでも授乳を続けて良いのか、タミフル・イナビルなどの薬を飲んでも授乳ができるのかなどお母さんの疑問に答えます! 10月に入ると、ニュースなどでもインフルエンザの予防接種についてアナウンスされる時期ですよね。 家に赤ちゃんがいる場合、お母さんはインフルエンザの予防接種をしておいた方がいいのでしょうか。 でも、授乳中でもワクチンをして大丈夫なのかちょっと心配ですよね。