犬の肛門嚢炎(こうもんのうえん)って知っていますか?聞き慣れない難しい言葉ではありますが、犬にとって身近な病気なんです。犬の「肛門嚢炎」の正しい知識を持って、おしりのケアや治療を的確に行えるようになりましょう。

術前検査は犬ドックで2万円と言われました。 ネットでの口コミ評判、犬を飼ってる人の評判や近所に住んでた妹に聞いても評判は悪くない病院です。 そのためか混んでいますが・・・ 最初に検査した病院では手術の説明・費用については聞いていません。 犬の歯石除去は歯肉炎や歯周病を防ぐためにも必要であり、動物病院で全身麻酔をかけて行うのが一般的です。ここでは犬の歯石除去する際の料金や施術内容について詳しくご紹介していきます。犬の歯石除去を検討中の方、料金が気になるという方必見です。 オス犬の停留睾丸について。あなたのワンちゃんには精巣が2つありますか?犬の睾丸が正常に降りてこない病気「停留精巣(停留睾丸・睾丸停留・潜在精巣)」をご存知ですか?今回は停留睾丸になった愛犬の事と一緒に紹介していきます。 犬の停留睾丸の手術をした経験がある方、いろいろ教えて下さい。費用、気をつける点、病院の選び方など何でもよろしくお願いします。うちの犬は普段はまたの付け根、おちんちんが大きくなっている時は、おちんちんの竿の横に何故か移動して出っ張っています。 東京都世田谷区桜新町の「きたやま胃腸肛門クリニック」では、痔核(いぼ痔)・痔瘻(あな痔)・裂肛(切れ痔)の根治手術や、切らずに治す痔核硬化療法(ジオン注)、肛門ポリープ切除、肛門形成手術などを行います。保険適用の手術費用を掲載しています。 犬の肛門腺って何?なんのためにあるの? 肛門絞り、校門絞り、校門線絞り…などなど、様々な呼び方がありますが、正式には 「肛門嚢(こうもんのう)絞り」 と言います。 とはいっても、サロンや病院などでも「肛門腺絞り」と呼ばれることがほとんどです。