手術後に痛みが発生するケースについて. ・膝のお皿の骨折で手術が成功すると、手術翌日には歩いてもいいし、動きの制限は無い。 ・膝の手術の傷は約2週間で抜糸できるが、最低2-3日は入院してもらいたい。 ・傷口からばい菌が入ってしまった場合はもう1回手術が必要となる事もある。 大阪急性期・総合医療センター、人工関節センターのホームページです。膝関節の病気と治療、人工膝関節手術についてご紹介しています。膝関節に不安のある方は、相談にお越しください。充実した医療スタッフと安心できる総合診療体制が当センターの特徴です。 手術は、関節鏡(内視鏡)を用いて行います。 膝関節内に関節鏡(内視鏡)と手術器械を入れるための2~3ヶの小さな切開(0.5~1cm)から、半月板の損傷個所を確認し、損傷部位、損傷範囲、安定性を慎重に評価します。 前十字靭帯損傷からの復帰は かなり長い期間を要します。 日常生活レベルであれば、 1ヶ月程度で送れるようになりますが。 スポーツ復帰レベルとなると、 手術治療を行う必要があるので、 入院〜リハビリが必要になります。 今回の記事では、 前十字靭帯損傷の治療! 膝関節内への侵襲を最小限にすることで、以下のようなメリットが得られます。 3. 術後早期から荷重歩行開始: 手術後翌日から、松葉杖を使用しながら手術した脚を軽く地面に着き、歩行訓練を開始しま … 手術後、膝が痛んだり、腫れたり、しびれたりする場合がありますが、多くは一過性のもので、術後1か月程度で自然に軽快してくることが多いです。また、疼痛も通常の痛み止めで抑えられる程度のことが多いです。 膝の骨折と言ってもたくさんあります。その骨折のしかたで全治やリハビリ方法が異なるのです。 どんな治療をするの?歩けるようになるまでどのくらい?リハビリはどんなことをするの? そこで今回は膝の骨折に関する治療法やリハビリ法の記事をまとめました!