1795~1820年(19世紀初頭・リージェンシー)の西洋のファッション wikipedia(英語版)→1795–1820 in Western fashion 1795~1820年(19世紀初頭)の西洋のファッションは、18世紀初頭の絹織物とレースとかつらとお粉に対する、くつろいだ格式張らないスタイルの最終的な勝利であった。 ファッションの歴史(4)・16世紀後半から17世紀前半まで こんにちは! シリーズでファッションの歴史をお伝えしております、今日のザ・MFUメンズファッション豆知識は、ルネッサンス全盛期のヨーロッパと17世紀フランスをお伝えします。

17世紀後半から勃興してきたミドルクラスの人々が、自らの社会的身分の不安定さを、狭い居間(応接間)に安っぽいモノをあふれるほど詰め込むことでとりつくろおうとし、そうした安っぽい部屋は「ブルジョア・インテリア」と蔑称されたのだそうです。 ケンウッドハウスに行ってきました。続きです。2階の部屋に上がると、また違った雰囲気です。こちらには17世紀の肖像画が展示してあって。。。まずこれ。うわぁ! 中世ヨーロッパとは5世紀から15世紀にかけた時代のことで、この頃は身分によって生活も服装も違っていました。貴族や騎士は煌びやかで権力を象徴したもの、庶民は生活に密着した機能性を重視したものが男性・女性ともに根付いていました。そんな彼らの服装を地位別にまとめました。 ギリシャ文明においては男女ともにヒマティオンやキトン、ペプロスといった、一枚布を体に巻きつけて装うシンプルな服装を好んでいた。 生地などに高級品・下級品の差はあったが、衣服自体に男女や身分の差はほとんど見られなかった。 この時代のヨーロッパでは小氷期による世界レベルでの寒冷化が原因で17世紀の危機と呼ばれる混乱が生じ、各国で飢饉、戦争、内乱が相次いだ。 この結果、イギリスでは清教徒革命と名誉革命が起きて議会政治が、フランスではルイ13世によって絶対王政が確立された。 19世紀イギリスの子どもたちはどう生きていたか – 絵画で見る教育・貧困・労働 2019年3月31日 2020年5月12日 ミュージアムの展覧会 , その他のミュージアム イギリスの資料では、絹の靴下は一揃いで4ポンドから8ポンドしたといわれる。16世紀末、5人家族に8人の従業員を抱えるパン屋の1週間の生活費と経費全てを含めても6ポンドと10シリングという時代に、破格のぜいたく品であった。