ペアリング済みのBluetoothマウスが、いきなり使えなくなることがあります。マウスの電池切れなどではなく、もっと根深い問題で明確な対処方法は無く、一般的にはクリーンインストールが必要です。ただし、Windows 10では、その一歩手前の方法で回復可能です。

Surface Arc Mouse は、 アーク タッチ マウス の次世代版で、垂直方向と水平方向の両方のスクロール機能など、さまざまな改良が施されています。Bluetooth 接続方式で、スタイルに合わせた豊富な色 1 から、お選びいただけるようになりました。 Surface Mobile Mouse Bluetooth® を使用して Surface と簡単にペアリングできるため (コードやドングルは不要)、きれいで散らからないワークスペースが実現します。さらに、さまざまな表面で動作します 1 組み込みのBlueTrackのおかげ TM 技術。 手順 7 : [ マウス、キーボード、ペン]の一覧に [ Surface Pen ( ペアリング済み ) ] があることを確認します。 【 ペンドライバーの入れ直し 】 手順 1 : [ Windows ] キー + [ X ] キー を同時に押していただき [ デバイスマネージャー ] をクリックします。

(注:Surface 3をお使いの方と、Windows 10にアップグレード済みの方は、この記事をご覧ください) Surfaceってありがたいことに、キーボードとマウスを付ければ、ノートPCとほぼ変わらない使い勝手になるんですね。でもって、今回はマウスのお話です。

重さに関しては、Surfaceモバイルマウスが79 g (実測)、Magic Mouseが110 gになっていたので、この点はモバイルマウスの方が良いですね。Magic Mouseは持った感じはかなりズシッと詰まったような印象を受けます。 Microsoft Arc Mouse 底面のペアリング ボタンを、LED ランプが点滅するまで長押しします。 Surface または Windows 10 PC で、[スタート] > [設定] > [デバイス] > [Bluetooth とその他のデバイス]> [Bluetooth またはその他のデバイスを追加する]> [Bluetooth] の順に選択します。 重量はSurfaceモバイルマウスの方が軽い. Arc Touch Mouse(Bluetooth) を購入し、Windows8.1 にペアリング成功、使用していた所マウスポインタが動かなくなりました。 そこで、Windows からデバイスを削除し、再度ペアリングしようとしても、マウス側が待機状態(緑と赤のLED点滅状態)のままペアリングが成功しません。