ですね。 「wc」コマンドはコマンドライン上からテキストファイルの単語数、行数、バイト数を取得する際に使います。 オプションを指定しないで wc a.txt のような形で実行した場合、行数、単語数、バイト数がすべて表示されます。 ファイル内容の要約 wcコマンド wcコマンドは、テキスト・ファイルの行数、単語数、バイト数を標準出力に渡します。利用方法は次のようになります。 wcコマンドの基本文法 $ wc [オプション] [ファイル名] 主なオプションは次のとおりです。 オプションを付けない場合、行数、単語数及びバイト数を表示します。 wcコマンドで使える各オプションの使い方を解説します。 オプションを付けないと指定したテキストファイルの行数、単語数、バイト数を表示する. 「type」はファイルの内容をみるコマンドで、基本的には「more」コマンドと似た働きをします。「more」コマンドについての詳細は「more(ファイル内容を表示する) -コマンド別解説-」をご覧下さい。 catコマンドは、主にファイルを表示するコマンドとして使われます。他にも、ファイルを連結させて表示をすることができます。また、オプションをつけることで、空行をまとめたり、行番号を表示するこ … wc ファイル名 指定したファイルの、行数、単語数、バイト数を表示する 例 表示するファイル(test.txt)の中身 コマンド実行結果 よくやること findコマンドで検索したファイルの総数を出力する find . 初心者でもこれだけは覚えておきたい【unixコマンド】を一覧で20紹介。unixコマンドとは何なのか?から解説。macのターミナルで入力した例もあるので、記事を見ながらディレクトリやファイル操作などがすぐに実践できます。 -name "*.txt" | wc -l -lオプションで行数のみ出力できる。

wcコマンドで使えるオプション一覧.